グループ保険

Group insurance
最低限の出費で万が一に備える!
家計にも家族にも優しい死亡保険です。
積水化学グループの従業員様とそのご家族様専用の死亡保険です。
制度保険(福利厚生)ですので割安な保険料でご加入いただけます。

グループ保険の
3つポイント

  • 01
    配当金があり保険料が安い
    配当金があります。
    年1回、運用実績により
    余剰金が払戻しされます。

    ※将来お支払いする配当金は変動し、
    0となる可能性もあります。

  • 02
    会社補助※があり保険料が安い
    会社補助※があり
    会社から別途補助金が
    支給されます。

    ※会社補助がない会社もございます。

  • 03
    配偶者やお子様もご加入出来ます
    配偶者やお子様も
    ご自身だけでなく、
    ご家族もご利用いただける
    福利厚生です。

30秒動画で見るグループ保険のポイント

動画をクリックすると再生します。

保障金額・保険料表

【ご注意】記載の本人・配偶者の保険料は概算保険料です。
(★)災害死亡保険金額とは死亡保険金額に災害保険金額を加えたものです。

本人 保障金額 保険料(月額)
死亡保険金額
または
高度障害保険金額
災害保険金額 災害死亡
保険金額
(★)
障害給付金額
(障害等級
に応じて)
入院給付金日額
(不慮の事故による5日以上の入院)
概算保険料(こどもは確定保険料)
  会社補助 保険料(月額)
200万円 200万円 400万円 20~200万円 3,000円 940円 270円 670円
500万円 500万円 1,000万円 50~500万円 7,500円 2,350円 690円 1,660円
1,000万円 1,500万円 3,950円 1,190円 2,760円
1,200万円 1,700万円 4,950円 1,390円 3,200円
1,500万円 2,000万円 5,550円 4,160円
2,000万円 2,500万円 7,150円 5,760円
2,500万円 3,000万円 8,750円 7,360円
3,000万円 3,500万円 10,350円 8,960円
3,500万円 4,000万円 11,950円 10,560円
4,000万円 4,500万円 13,550円 12,160円
4,500万円 5,000万円 15,150円 13,760円
5,000万円 5,500万円 16,750円 15,360円
配偶者 200万円 200万円 400万円 20~200万円 3,000円 940円

 

940円
300万円 300万円 600万円 30~300万円 4,500円 1,410円

 

1,410円
500万円 500万円 1,000万円 50~500万円 7,500円 2,350円

 

2,350円
1,000万円 1,500万円 3,950円

 

3,950円
こども 200万円 200万円 400万円 20~200万円 3,000円 440円

 

440円
300万円 300万円 600万円 30~300万円 4,500円 660円

 

660円
払い戻し
(注1) 保険料は毎年の更新時に見直され、変更されることがあります。
(注2) 配偶者・こどもの保険金額は、本人の保険金額以下で選択してください。
(注3) こどもを加入させる場合は、加入資格を満たすこども全員について同一保険金額でお申し込みください。
(注4) 退職者の保険金額は、本人500万円・200万円、配偶者200万円のみとなります。

男性40歳の例

A社生命保険(定期保険65歳満了型)との保険料比較:保障金額 3,000万円

男性40歳の月額保険料例 男性40歳の月額保険料例

実質保険料について

3,000万円コースの実質保険料は
2,024

※配当金は毎年保険契約ごとに収支計算を行い
 余剰金が生じた場合に、
 一定の基準に基づいて計算した
 配当金をお支払いする仕組みになっております。

必要負担額の目安

保障額の変化

img img

参考事例

家族の年齢や家族構成に応じて、また教育費や病気療養時に備えて、新婚時から保障を準備しましょう。

お子さまの教育費

お子さまの成長とともに、教育費もふくらみます。
たとえば

公立小・中学校→私立高校→
市立大学(文法政経商系・昼間部・自宅通学)の場合

1,099 万円

文部科学省/「平成28 年度 子供 の学習費調査」
「私立大学等の平成29 年度入学者に係る学生納付金等調査結果について」
(独)日本学生支援機構/「平成28 年度 学生生活調査」

葬儀にかかる費用

お葬式代などの 負担は?
たとえば

葬儀費用合計

平均 約196 万円

※通夜からの飲食接待費用、寺院の費用、葬儀一式費用の合計額の平均です。
(一財)日本消費者協会/
第11回「葬儀についてのアンケート調査」平成29年1月

お支払い事例(1,000万円にご加入の場合) ※高度後遺障害でも支払い

  • 死亡(所定の高度障害状態該当)の場合
    死亡(高度障害)保険金1,000万円が支払われます。
  • 不慮の事故による死亡の場合
    死亡保険金1,000万円 + 災害保険金500万円が支払われます。
  • 不慮の事故による所定の高度障害状態(障害等級1級)に該当の場合
    高度障害保険金1,000万円 + 障害給付金500万円が支払われます。
  • 不慮の事故による障害等級6級に該当の場合
    障害給付金50万円が支払われます。
  • 不慮の事故による10日間の入院の場合
    入院給付金75,000円(日額7,500円×10日間)が支払われます。

記載の例は一例であり、保険金・給付金が支払われない場合もありますのでご注意ください。

オンライン相談